お寺について

2019年3月20日|カテゴリー「お寺について
昨日、まつだ葬儀社で代々葬儀をやっていた一族の1家族が会員になりに来た。西念寺の檀家で頻繁なお布施をそれも何十万単位でつどってくると言う不満だった。もちろん西念寺はまつだ葬儀とべったりの寺である。納骨堂のやりかえ、本堂のやり替えなどいろいろかこつけて当たり前のようにお布施を何十万と要求してくる。寺の総会は怒鳴りあいで収集つかず、住職は片隅でダンマリだったようであきれて檀家をやめる決意をしたそうだ。もちろんやめることを表だっていえば高額な離壇料を請求される。と悩んでいた。まあ、古い寺の運営のやり方で、先はまずないだろう。以前、宇美町の円浄寺でもにたようなはなしがあった。檀家の反対に合い、やり替えはなくなったようだ。
今や、寺も供養、信仰より、利害で動く。まちがいない。世の中9割くそ坊主。これが現実である。
今のようにネットに書き込んでいると苦情を言う坊主もいるが、大抵目の前に出ると、おとなしくなり何もなかったかのように勤めだけで帰っていく。要はほとんど、内弁慶で姑息な坊主がほとんどだ。
供養のやり方も時代とともに変わる。今のような高額要求しなくてはいけない運営は衰退していく。
宗教法人という特権を持っているのだから、大衆や檀家を下に見ず、支えてもらっている。というスタンスにならないと運営はできなくなっていくだろう。坊主の世襲も10年は一般社会で働くことが大事なことではないだろうか?
若くして住職になると、勘違いをする。ある寺の新人、若が法話、説教のとき話を聞いてくれない。どうしたら聞いてくれるのか?ということを、おやじである、住職に相談したらしい、すると住職は、誰か一人聞いている人がいるから、その人を見て話をするといい。と言って諭した。
私からすると、大きな間違いである。人生何の経験もない、小僧がどんな話をしようと聞くわけがない。当たり前のことがわかっていないのが、お坊さんである。
まあ、困ったものである。

藤本樹道
2018年12月18日|カテゴリー「お寺について
以前、專能寺について批判する内容を書き込んだ。たまにしか来ない隣町の坊主だか、世代交代で、住職が亡くなり、息子が住職となって本日の葬儀に勤めに入っている。亡くなってすぐに枕経に来た。そこで当社社員に藤本社長ですか?とたずね、ちょっとネットにも、。言ってきたようだ。夜中と枕経で親族の方々も明日の勤めを希望していたが、何の伝達もなく、きてから、お経、葬儀説明。小一時間しゃべり、お布施のことは後で電話します。と帰っていったそうだ。当社みやび苑に来るお客で專能寺のことを悪く言う人はいても、よく言う人はいない。大柄な坊主ではないが、自分や寺の決まりしか言わない寺で有名だ。要は高額なお布施しか言わないと言うことだ。藤本社長ですか?と言ってきたので顔は出しておかなければと思い、通夜の勤めの後、出ていって、住職、藤本です。ちょっと話しましょうか?というと、いや、みんな協力しやってですね。という、だからこちらに。というと、結構ですと言う。ビビってるのか、お高く留まってるのか知らないが、話はしないようである。だからネットの書き込みになんかあるんだろ?というと、いやもういいです。という。
毎度言うことは、協力し合ってですね?という。だから、寺に連絡したさい、話しようとしたら、オタクの坊守。葬儀社とは話しないと言ったぞ、。おかしいだろ?というとそれは、母のことですからという。そして、そそくさと帰っていった。その後電話で、お布施の話を喪家にしたようで通夜3万。初七日、お寺参り3万。葬儀45万。と言ってきたようで喪家が、そんな払えない。というと、お気持ちなので25万ぐらいでもいいですよ。と言ったそうだ。
何とも姑息はやり口である。まあ、くそ坊主というか、マザコンへ垂れぼうずである。あんな寺がはびこる世の中、世も末である。いつも思うことだが。こんなことを書き込む自分が嫌になる。だが、実名出して書き込み、意見を言わないとおとなしい、誠実な一般のひとが被害にあうだけである。だからいまからも、本位でははいが、書き込んでいく。
もちろん、クレームは大歓迎。すぐに話し合いの場をお持ち、お互いに意見をぶつけ、いい業界にしていくのが、いちばんいいことである。

藤本樹道


2018年3月7日|カテゴリー「お寺について
先日、30年ぶりに同窓会があり、福岡、天神にある妙蓮寺の坊さんが同窓生としてきていたようだ。その後、SNSのラインでコンタクトを取って、勤めに来てもらえる、坊さんをおしえてもらえないか?と問い合わせたところ、気を悪くしたのか?しらん。とだけ書き込みが返ってきた。まあ、しゃーない。まあ、勘違いのエラそうな坊主になってしまったのか?残念ではあるか、仕方がない。この一言に尽きる。葬儀社嫌いのお寺は多い、まあ、葬儀社が間に立つと思惑どうり行かない事が多々あるためにそうなるお寺もある。葬儀社の言うことを聞く坊主がマンション坊主である。この坊主はたち悪い、互助会葬儀社、ベルコ、西日本典礼などがこのマンション坊主を使う、要は30万からと言って、その後坊主からリベートをとるということだ、アマゾンの坊さん派遣の方がまだ圧倒的にましである。なぜなら、支払い主は、アマゾンが紹介料を取っているのは認識しているし、3万、5万の格安の支払で済むからである。ところが互助会紹介のばあいは後からお客が、その癒着を知った時には、騙されたと思うのは確実である。最近はベルコなんかはそのようなことは、昔の話で最近はできません。
とまた嘘を言ってるようだ。葬儀社として、5年たつが、間違いないことは、お寺も利害で動くと言うことだ。お寺は無心である。と思って接していると大間違いである。このことを理解して、性悪説を前提にお寺とは付き合うべきである。
余談だが、リベートや癒着を受け入れる坊主に供養をしてもらっても、全く供養にはならない。誰が考えても同じ答えにたどり着く。坊主である前に人として問題である。葬儀社も坊主も善人面して弱者からお金を巻き上げている。これが現状です。

藤本樹道
2017年8月5日|カテゴリー「お寺について
メジャーな情報誌。AERAの記事をヤフーニュースがのっけていた【実際の記事】記事である。事実として、檀家制度を廃止して、寺の運営が好転して売り上げも何倍にもなり、今からのお寺のあり方に、大きな波紋を投げかけたものになるだろう。
仏教界ではまだ、明朗会計、情報開示は認めていないようだ。コメントで、高野山真言宗、がお布施を明示することは理念に反する的なコメントを出していたが、苦し紛れであろう。私も真言宗で出家をしたが、出家する際、鹿児島指宿のお寺に入り、得度をもらった。だがその後すぐ、高野山真言総本山が、お布施の一部50億を投資で損失をだしていた。新聞にも載った。
私は出家して、宗教心がなくなっていった。ようは現実、お寺も金なのである。よく思うのが、葬儀でお勤めに来て、なぜ、そんなにエラそうなのか?と思うことがある。いろんな宗派があるが、ようは喧嘩別れ。それが、いろんな宗派となっていく。
どの宗教の、どの宗派も自分が一番と思い込んでいる。世の中そんな単純なはずがないのに。。。
やはり、わかりやすい情報開示は経営、運営サイドとしては弊害もあるが、お金を人様とやり取りする以上、開示することが絶対条件となり、宗教法人も、この情報化社会のなかやっていかなければ、生き残りは難しいのは誰が考えてもわかることである。私ども葬儀社もどんどん明朗会計が進んでいき金額明示はもちろん、財務も明示が必要になる、積立、互助会も根拠のある。情報開示。解約違約金の撤廃が必須となるだろう。
今から、お寺も覚悟を決てやらなければ、お寺は誰も求めないものとなっていくだろう。
2017年3月16日|カテゴリー「お寺について
本日通夜、寺は糟屋郡で一番の悪名高い、專能寺、まあこの坊主はマザコン坊主である。
昔から離檀料を請求するなど、とぼけた寺である。今回は枕経に来て、院号を付けます。40万でといいはなったそうだ。全く持ってくそ坊主。納骨堂を今回の故人でなくすと喪家が言うと、永代供養もありますからと営業。金額はお寺に問い合わせてくださいと言う。住職であるのに、金額を濁す、世はお母ちゃんが決めるのだ。マザコンもいい加減にしないといけない。
いつか、お客挟まず、ご縁があることを願うばかりだ。このような寺、坊主は強固な型にはめないといけない。
御縁がありますように。

南無大師遍照金剛

藤本樹道
inquiry1
scroll-to-top1