時事

2020年2月4日|カテゴリー「お寺について
先週、宇美町の住職からラインが入り、当日急きょ、新年会となった。先代の住職が亡くなり、もうすぐ1周忌、住職のことは若。と呼んでいる。一番の話はお寺の今後。宗教界全部の問題だ。息子を宗教大学に進学させ、今は本山に修行に行かせているとのことだった。宗教者にすべく1つ1つの段取りをこなさせてはいるが、果たしてこれでいいのか?このままでは絶対に生きていくお寺を存続させていくのは無理だ。これが結論である。
その見解はとても賛同する。この葬儀業界はとにかく、異常だ。特に葬儀屋、その葬儀屋の言うがままになる、坊さん。
リベートの関係だけで成り立ち、供養という名目で、庶民、大衆から、ぼったくり、供養も何もあったものではない。
ひどい人間はどの世界にもいるが、この業界は、坊主も含め、9割糞野郎、くそ坊主である。
商売なら商売。宗教なら宗教。はっきりと運営しない限り。まともにはなれない。
故人の供養を求めお願いしてくる庶民をいいことに、善人ずらしてカモリ、ぼったくる。
各宗派の本山はどう考えているのか?平和ボケ?他人事?
きちんと正道の道筋を立てない限り、未来はない。

藤本樹道
2020年1月16日|カテゴリー「お寺について
みやびデータによると、須恵町、明永寺、。須恵町、專能寺。宇美町、円浄寺。これが悪寺トップ3。
このたび、2つの寺がダブり、勤めに入る。2つとも、一度、文句、クレームを、手前勝手な言い分だけで言ってきたので、出張って、クレームをつけている。それ以降、何も言わなくなり、問題はない。まあ、裏ではみやび苑はよろしくない葬儀社」と、言っていることは聞いているが、まあそれはお互い様でなんら問題はない。しいて言えば、檀家になっている方々は大変ということだけである。まあ、お寺、自分たちの過剰評価極まりなく、どうしようもない、宗教者の方々である。
大手葬儀社、互助会葬儀社。と同じように今から、いばらの道で、将来は今のスタンス価値観を変えない限り淘汰されるのは時間の問題である。

藤本樹道
2019年11月11日|カテゴリー「互助会について
福岡宇美町には3つの葬儀社が存在する。
昔からある、政治家上がりの葬儀社まつだ。政治家上がりと言ってもたかが町議である、当時を知る人の中には、昔はなりてがなく、立候補すれば誰でも当選してしまう、そんな時代だったと。真相はわからないが?
あともう一つは西日本典礼(株)ラックまあ典型の中堅の互助会葬儀社。そしてみやび苑。最近まつだがガックシ暇になり、西日本典礼が増えてきたと思ったら、病院の安置所に指定葬儀社として西日本典礼が入り込むことが出来たようだ。
まつだも債務不履行きっかけに、金回りが難しくなっているようだ。互助会葬儀社の西典が有利となってきた。互助会は老人からカモッテいる積立金で運営しているため、とても有利となる。まつだの病院癒着は糟屋の青洲会と粕谷南病院2つ。おそらくどちらかの病院に入り込むことができたのであろう。
葬儀社も葬儀社なら、病院も病院である、まあ終わっている。どちらの病院も評判はよろしくない。まあ、評判いい病院は安置所を葬儀社なんかに管理させない。
どちらもやればやるほど、信用亡くし病院なんか本業が駄目になっていくことは誰が考えてもわかることである。今はスマホ、SNSの時代ということがわかっていない。医師や看護師、自らも使っているにもかかわらず、アホなひとたちである。目の前の小銭に欲が出て、本末転倒な結果をうんでしまう。
明日は我が身として胆に据え、営業していこう。葬儀社を選ぶ消費者の方々そうぎしゃに騙されないよう気を付けて。

藤本樹道
2019年9月11日|カテゴリー「事前相談について
皆さんが感じている通り、家族葬がトレンドとなっている。だが、どこの葬儀屋さんも、家族葬をうたい、料金そのまま。
100~200万で請求。まあ、あきれた、葬儀社ばかりだ。要となっているのが福岡では、積立、互助会葬儀社である。ベルコを筆頭に、西日本典礼(ラック)、典礼会館(日本セレモニー)、メモリード。などなど、ベルコのように全く別の葬儀社を装い、家族のお葬式。小さなお葬式。を子会社化、運営している。メモリードであれば、アイリス。である西日本典礼であれば直送センター。である。仕入れ値は同じ棺桶を1万で販売するWEBを要の営業とする葬儀屋。又本来の葬儀社では10万で販売する。消費者からみれば詐欺である。ただ法律に引っかからないだけである。
消費者も知らないことは損をする。罪である。という思想で葬儀社とは向き合うことが大事なことだ。
葬儀社は基本嘘つき、法律に引っかからない、詐欺師である。
そもそも葬儀屋にお金、現金を預けることが大きな間違いである。
藤本樹道

2019年8月15日|カテゴリー「時事
九州の終戦日は今年は台風。自分としても公私の私事の部分で1つの節目となった。人の生き死ににかかわる商売を始め、儲かるか?儲からないか?で始めたが、このところ必然性をかんじるようになった。きれいごとを並べ立てるのは嫌いだが、なんかそのような心境だ。だが、戦中、戦後の日本人に比べれば、いかなることも、屁のツッパリにもならない。
だからどう生きていくか?正解のない思いである。人生、うろたえず、ビビらず、ブレず、強い日本人として生きていくことが大事である。と古い価値観だがそう思う。
inquiry1
scroll-to-top1